韓国や世界のエコ化粧品市場動向及びキーワード分析

更新日:6月6日

私の消費を緑に!

グリーンシューマー(Greensumer)


環境にやさしい環境にとどまらず、必ず環境保護に努める「必環境時代」が到来しました。変化する時代に合わせて消費者の行動も著しく変わってきています。特にMZ世代 (MZ世代(Generation MZ)とは、1980年代半ばから1990年代初頭に生まれた「ミレニアル世代」と、その後の1990年代後半から2010年の間に生まれた「Z世代(ジェネレーションZ)」の2つの世代を合わせたもの。)の良心的かつ倫理的な消費傾向は、「環境を考える消費」を自然に導いています。


★キーワード★

1.グリーンシューマー(Greensummer)

2.ミーニング·アウト(Meaning Out)

3.クリーン·ビューティー(Clean Beauty)

4.ヴィーガン(Vegan)


環境にやさしい流れは「グリーンエコノミー時代」を開いています。環境にやさしい関連製品が注目され、人気を集めているため、 複数の企業も環境を優先して考える製品を作っているのですね。 このように消費行動をする際、環境に配慮した倫理的消費を目指す消費者を グリーンシューマーと呼びます。


グリーンシューマー(Greensumer)とは緑色(Green)と消費者(Consumer)の合成語で、「グリーン消費者」とも呼ばれています。グリーンシューマーという製品の価格だけでなく、この製品が環境にどのような影響を及ぼすかを考慮して消費する消費者です。製品の価格が多少高くても、自分の価値観に合うなら消費する姿を見せたりもします。グリーンシューマーの意味は次第に拡大していますが、環境保護だけでなく、動物福祉、ベジタリアンなどを追求する姿にも広がっています。

グリーンシューマー

このような特徴を持っています。


グリーンシューマーはコストパフォーマンスではなく、「価値消費」を目指します。製品の価格がどれだけ安いかを問い詰めるより、 少し高くても製品に含まれた社会的/環境的価値によって判断し消費することです。このような消費傾向から個別包装をしなかったり、 環境にやさしい包装材を使用した製品、ビニールではなく紙保冷剤、ストロー不要のドリンクパッケージングなど、様々な製品が発売されています。


生産と流通過程に関する環境的な影響を考えることもグリーンシューマーにとって重要です。環境にやさしいトレンドとして定着した「アップサイクル」、「ゼロウエスト」ともに

環境を中心に考えるグリーンシューマーに関連して登場したキーワードです。ここで「アップサイクル」とは、製品リサイクルではなく「新活用」することをいい、ゼロウエストは全ての製品が再利用され、ゴミを最小限に抑えるという意味が込められています。


グリーンシューマー

こんな影響を及ぼしていたの?!


グリーンシューマーが多くなり菜食主義に対する関心も高まりました。ベジタリアンを好む人が増え、ヴィーガン製品を求める人が増えました。米国市場調査会社CFRAによると、2018年に約22兆ウォンだった世界代替肉市場が 2030年には116兆ウォン台に成長すると展望しました。これにより、様々なビーガン製品が発売されています。


「クリーンビューティー」も外せません。 「クリーンビューティー」とは、「肌に安全でまろやかな成分で作られた化粧品」という概念から始まり、最近「生産および使用過程で地球環境に及ぼす影響まで考慮した化粧品」として意味が拡張されました。


化粧品消費キーワード


消費で信念と価値を表す「ミーニング·アウト(MeaningOut)」MZ世代を中心に消費生活で個人の信念と価値を表す「ミーニング·アウト(MeaningOut)」が広がっています。「信念」を意味するミーニング(Meaning)と「押入れから出る」という意味のカミングアウト(Comingout)を組み合わせた新造語で、消費者が社会や環境等への影響まで考慮する 「価値消費」は、小さくは消費市場、大きくは産業全体に大きな影響力を及ぼしています。


商品開発キーワード

ヨーロッパでは「ミーニングアウト」が市場を変えています。ユニレバー、ヘンケル、ロレアルなど消費財企業は2025年までに製品包装材の25~50%をエコ素材に代替する計画であり、フランスの食品企業は「環境点数制(Eco-Score)」を導入し、製品に環境点数を表記することにしました。グローバルコンサルティング企業アーンストアンドヤング(Ernst&Young)が2020年5月にドイツ消費者2500名をアンケートしたところ、回答者の67%は持続可能な消費にお金をもっと使う用意があると答えました。


2012-2025年、EUクリーンビューティー市場の規模と展望


専門家らは、MZ世代が主力消費層に進入するほど、「ミーニング·アウト」は一時的流行ではなく長期的な流れになると見ています。MZ世代が持つ「エコ」「工程」などの価値観自体が消費財につく「ミーニングアウト」は一種のプレミアム消費と見ることができ、 MZ世代の購買力が大きくなり、主要消費層に成長すると、 企業も環境にやさしいなどの価値消費と企業倫理に重きを置く傾向が大きくなると予想しています。


ミーニング·アウト(MeaningOut)トレンド

クリーンビューティー(CleanBeauty)


クリーンビューティーブームは新型コロナウイルス感染症以前から続いています。クリーンビューティーは有害物質イシューなどで安全な原料に対する消費者ニーズと共に PM2.5や気候変動など健康に対する消費者の関心が急増し、 世界的に注目されてきました。特に最近、新型コロナウイルス感染症の拡散後、マスクの長期着用による肌トラブルが増加し、 有害化学成分が排除された基礎化粧品を求める消費者の需要が増加自然にクリーンビューティーへの関心が高まっています。


欧米などではすでにクリーンビューティーへの関心が高く、成分の重要性が高まり、 パラベン·シリコン·硫酸塩など有害成分を排除した製品が脚光を浴びています。2020年化粧品産業分析報告書では成分だけでなく包装材まで拡大しており、リサイクル可能な包装材と植物インクを使用した製品が消費者から好評を得ています。特に製品の容器をプラスチックではなく環境にやさしい素材で開発したり、 容器や包装材をリサイクルするブランドも増えており、 一度使ってしまう化粧品容器と包装材に対する問題を認識し、これを減らすために努力しています。消費者も不要な包装をなくし、リサイクル可能な環境にやさしい包装材や容器を使用し、環境保護に対する社会的関心が高まり、環境にやさしい製品を好む「グリーンシューマー」が増えています。


肌と環境を生かす

クリーンビューティー(CleanBeauty)


新型コロナウイルス感染症の長期化に伴い、「クリーンビューティー(CleanBeauty)」の価値も高まっています。これを反映するかのように、今年の化粧品市場をリードするキーワードとして昨年に続き「クリーンビューティー」が選ばれた。10人に7人がクリーンビューティーを今年の商品開発キーワードに選びました。ダーマコスメティックと持続可能性、自然主義/オーガニックの流れも高い支持を示しました。CMNが国内化粧品企業商品企画チーム長41人を対象に行った「2022年化粧品トレンド展望」アンケート調査結果エコと持続可能性の面でキーワードが持続的に強勢を見せ、消費の面でエコ(エコ)やコンシェルジュ(価値消費)などのキーワードが上位にランクインしています。市場に及ぼす変数も概念消費(エコ、倫理)が高く、製品の側面からもクリーンビューティーをはじめ持続可能性/炭素中立、ミニマリズム、皮膚免疫、トラブルケア、マイクロバイオームなど 新型コロナウイルス以降、消費者の購買パターンの変化がそのまま今回のアンケート調査に反映されました。

今年、最も注目する商品開発キーワードは、エコイシューと共に新型コロナウイルス以降に現れた 化粧品購買パターンの変化が反映された流れを見せました。何よりクリーンビューティーが68.3%の割合で今年の商品開発キーワードをリードするキーワードとして挙げられました。これとともに持続可能性/炭素中立キーワードも31.7%に3番目に高いシェアを記録しました。


海外化粧品も「持続可能性」「クリーンビューティー」浮上


欧州連合(EU)で持続可能性を強調した「クリーンビューティー」の人気が高まり、 したがって、韓国のビューティー企業もクリーンビューティー製品で欧州化粧品市場の攻略に乗り出すべきだという主張が出ました。


このような雰囲気の中、EU加盟国の中で化粧品市場規模1、2位の ドイツとフランスの消費者約2,000人を対象に行ったアンケート調査で、ドイツ人回答者の20%、フランス人回答者の24%が化粧品購入時の製品のエコ性を考慮し、実際、最近6ヵ月間、それぞれ38%、66%がエコ製品を購入したことが分かりました。


そして、その中心には「クリーンビューティー」があります。報告書はクリーンビューティーについて原料の倫理的な生産および流通、有害化学成分の最小化、安全な成分、オーガニック原料、ビーガン原料、ノンアレルギー原料、製品パッケージングの最小化およびエコパッケージング、企業のESG経営などが主な要件」と説明し、2020年基準でEUクリーンビューティー市場の規模は19億ユーロを記録し、2025年までに52.8%増の29億ユーロに成長すると予想しました。


EU内の主要クリーンビューティーメーカーは、全般的に価値消費を追求するクリーンビューティー市場攻略のため、製品持続可能性の向上と関連認証の獲得、ESG経営の実践に集中する特徴を持っています。このような雰囲気の中、EU加盟国の中で化粧品市場規模1、2位のドイツとフランスの消費者約2,000人を対象に行ったアンケート調査で、ドイツ人回答者の20%、フランス人回答者の24%が化粧品購入時の製品のエコ性を考慮し、実際、最近6ヵ月間、それぞれ38%、66%がエコ製品を購入したことが分かりました。


そして、その中心には「クリーンビューティー」がある。


報告書はクリーンビューティーについて原料の倫理的な生産および流通、有害化学成分の最小化、安全な成分、オーガニック原料、ビーガン原料、ノンアレルギー原料、製品パッケージングの最小化およびエコパッケージング、企業のESG経営などが主な要件」と説明し、2020年基準でEUクリーンビューティー市場の規模は19億ユーロを記録し、2025年までに52.8%増の29億ユーロに成長すると予想しました。


EU内の主要クリーンビューティーメーカーは、全般的に価値消費を追求するクリーンビューティー市場攻略のため、製品持続可能性の向上と関連認証の獲得、ESG経営の実践に集中する特徴を持っています。



米国は世界最大規模のビューティー市場であり、世界化粧品ブランドの角逐の場であるここ数年間、業界のホットキーワードとして挙げられた「クリーンビューティー(CleanBeauty)」の定義がさらに広範囲になりました。クリーンビューティーはナチュラル(Natural)と同様に該当する単語を製品に使用するが、当局の規制や制約がない。現在、多くの製品がクリーンまたはナチュラルを前面に出して製品を広告·広報しており、製品やブランドごとに様々な意味で解釈されています。特に最近、環境問題が全産業にわたって台頭し、ビューティー業界にも 持続可能性の意味を求める消費者が増えています。


最大の変化は製品パッケージであります。リサイクルできなかった化粧品容器をリサイクル可能な素材に交換したり、詰め替え可能な製品の発売が大幅に増えました。また、プラスチックの使用を最小限に抑え、リサイクル素材を活用したパッケージング製作なども増加している。化粧品ブランドが化粧品容器をリサイクルする消費者を対象にリワードを提供する特典も広がっています。


新型コロナウイルス感染症直後、ビューティー市場に吹いてきたスキニマリズム(skinimalism)トレンドが今年も続くものと見られます。スキニマリズムはスキン(Skin)とミニマリズム(Minimalism)の合成語で、製品を最小限に選び、化粧品の種類を減らしスキンケアと化粧にかける時間と費用を最小限に抑えることを意味します。スキンケアの段階を3段階程度に縮小し、 メイクも様々な製品を使って濃く厚くする代わりに、自然で軽く演出することを好みます。


動物と環境を考える

「ヴィーガンビューティー」


ヴィーガン(Vegan)は1944年に設立された非営利団体である英国ヴィーガン協会(TheVeganSociety)で初めて規定した概念として知られています。ヴィーガンは肉類はもちろん魚類、乳製品、卵、蜂蜜まで摂取しません。野菜、果物、海藻など植物性の食べ物以外は食べずに動物実験を経た製品を消費しない最も厳格なベジタリアン段階をいいます。近年、ヴィーガン人口だけでなく一般でも過剰な肉食が畜産業の温室効果ガス排出量に影響を及ぼし、結局、環境汚染につながるという警告に注目します。


グリーンシューマーの増加傾向と無関係ではありません。また、ペットを飼う人が増え、動物福祉に関心が高まっている影響もあります。北米や欧州ではすでに生活に深く根付いているヴィーガン文化が徐々に国内にも広がっています。世界のヴィーガン人口は約5,400万人と推定される韓国のヴィーガン人口は約50万人(韓国菜食連合、2019年基準)であります。彼らが挙げるヴィーガンの理由は健康、環境、動物福祉など様々です。


その中心にMZ世代があります。動物保護はもちろん、環境を考える倫理的な消費、善良な価値消費に集中するこれらの世代が ヴィーガン市場を育てる主役であるわけです。このような流れの中で特に化粧品業界は既存化粧品がほとんどビーガンに交換されているほどヴィーガニズムを積極的に受け入れたヴィーガンビューティーが拡大している様子です。


ヴィーガン化粧品の主な概念である「クルーエルティーフリー」は、化粧品を作る際に動物を害する動物実験を経ていないものであり、動物を原料として含まないことを意味します。過去には人間に代わってウサギ、犬など動物に皮膚刺激実験を実施し、安全性評価を受けたが、動物に対する認識が変わり、倫理的な観点から動物実験をせずに 化粧品の安定性を試すことができる方案が持続的に要求され、「クルーエルティーフリー」化粧品が登場することになりました。


このような側面からヴィーガン化粧品は動物に対する倫理的な側面を考慮した消費トレンドに代表されますが、最近はその意味が拡大し、有機栽培認証を受けた安全な化粧品、プラスチックごみを排出しなかったりリサイクル容器を使用した化粧品を表示したりします。


世界的な化粧品トレンド

米国市場調査会社グランドビューリサーチの報告書によると、世界のヴィーガン化粧品市場は 2010年半ば以降、年平均6.3%ずつ成長しています。2020年153億ドル(約18兆ウォン)規模が予想され、2025年、世界のヴィーガン化粧品市場は208億ドル(約25兆ウォン)に達する見通しです。ヴィーガンが世界化粧品産業の新しい機会を創出することを期待しています。


韓国初のヴィーガン認証機関登場

韓国ヴィーガン認証院


国内初のビーガン認証機関もできました。韓国ヴィーガン認証院です。2018年12月化粧品ヴィーガン認証を開始した化粧品製造業と化粧品製造販売業が申請対象です。韓国ヴィーガン認証院のヴィーガン認証手続きは大きな枠組みで見れば海外と大きく変わりません。ただし、海外のほとんどのヴィーガン認証機関が書類審査だけで製品を認証するのに比べ、 韓国ヴィーガン認証院は動物性遺伝子の検出実験を通じて厳密にヴィーガンであることを立証する科学的システムを備えています。


原料の製造過程でも動物性物質が利用されないことを確認した上で認証します。化粧品メーカーを通じて各原料会社に原料別に動物実験を経ず、動物由来原料を使用していないことの確認書を取りまとめて検討します。韓国ヴィーガン認証院はこの手続きを最も重視する必要な場合、現場調査を通じて関連事項を検証することもあります。韓国ヴィーガン認証院はヴィーガンかどうかを判断する認証手続きだけでなく、生産者と消費者にヴィーガン関連教育も実施します。


機能性ヴィーガン化粧品

Healucyアンプル及びCCクリーム製品





日本国内に流通するパートナー社を募集しています。

「機能性ヴィーガン化粧品/ Healucyアンプル及びCCクリーム製品」の日本輸入に関心がある方は「インターテック」にお問い合わせください。


■インターテック:

メール:info@inter-tec.net

電話:050-3569-4113

閲覧数:69回0件のコメント