top of page
  • 執筆者の写真INTERTEC

昆虫タンパク質···FAO昆虫、未来の食糧1位に挙げる

更新日:2023年8月8日

世界食糧農業機関FAOは2013年、昆虫を未来食糧1位に挙げ「小さな家畜」と言った。 昆虫は地球上で成長と繁殖が最も旺盛な生物だ。 地球上の生物の3/2が昆虫だ。 韓国も昨年7月、昆虫14種を牛、豚、鶏のような家畜の地位を与えた。

昆虫だからといって全部食べられるわけではない。 昆虫の栄養、毒性を評価し、食品医薬品安全処の安全性審査を通過しなければならない。 今月16日、食品医薬品安全処と農村振興庁は「アメリカオオトリ幼虫」を新しい食品原料に認定したと発表した。


アメリカオオクワガタ幼虫は食用昆虫である「茶色のオオクワガタ幼虫」と同じカブトムシ目のコウライケツギョ科で、褐色のオオクワガタ幼虫より大きさが約1.5倍大きいため「スーパーミルワーム(supermealworm)」とも呼ばれる。 タンパク質と不飽和脂肪酸を多量に含んでおり、菓子·禅食などの多様な食品原料として使用できるものと期待されている。


アメリカオオカサゴの幼虫(脱脂分馬)が食用昆虫として認められたことで、韓国で食べられる昆虫は白江蚕(ペクガンジャム)、食用蚕(幼虫、さなぎ)、バッタ、茶色のコザリ(幼虫)、シロツメコオロギ(成虫)など8種に増えた。


1キロのたんぱく質を生産するためには、牛は10キロ、豚は5キロ、鶏は2.5キロの飼料を食べなければならない。 しかし、昆虫は1.7kgの飼料だけを食べても家畜と同じ量のたんぱく質を生産する。 タンパク質含量においても牛肉、豚肉、鶏肉は100g当りたんぱく質含量が約30~4-%ならば昆虫は50~70%までなる。 昆虫タンパク質が注目される理由だ。

また、排泄物による土壌汚染がなく、環境学的に脚光を浴びている。 さらに生育過程で二酸化炭素とアンモニア排出量が少なく、地球温暖化への影響も少ない。 その上、小さな空間でも飼育が可能で、飼育期間も短縮される。


国内の昆虫飼育農家は年々増えている。 農林畜産食品部によると、2018年基準の国内昆虫飼育農家は2318農家で、2017年より8.5%増加した。

最近は食用昆虫の高所愛ががん患者の免疫力向上に効果的だという臨床結果が出て、昆虫の機能性についても関心が集まっている。


農振庁は江南セブランス病院のパク·ジュンソン教授チームと高所愛を活用した病院の食事、栄養状態、免疫に対する臨床研究を進めた結果、高所愛食を食べた患者は既存の患者食を食べた患者より平均熱量1.4倍、タンパク質量は1.5倍高いことが分かったと発表した。 筋肉量は3.7%、除脂肪量は4.8%がそれぞれ増加した。 患者の栄養状態指標もより良かった。


まだ嫌悪認識が高い食用昆虫だが、研究開発を通じて多様な形態の製品が発売されれば、100歳時代の私たちの健康を担う健康食として定着するものと見られる。


犬や猫にも広がる昆虫食! 肉類の食物アレルギーを持つ子への新提案

ヨーロッパや米国などのペット先進国では、犬や猫のご飯やおやつに昆虫食を取り入れています。その動きの理由にはもちろん環境や食糧危機への対策という意味合いもありますが、ペット先進国の人たちが注目している理由はもう一つあります。 それは、食物アレルギーへの配慮です。近年生活習慣の変化などにより、犬や猫の間では動物の肉類に対して食物アレルギーを持つ子が散見されるようになりました。 そんな問題を抱えている子の飼い主さんの間で、昆虫食は動物性タンパク質の代替という面でも注目されているようなのです。

■インドネシア、昆虫タンパク質パウダー工場(バイオサイクル社)



バイオサイクルは2018年、飼料として使用できるブラックソルジャーフライの乾燥幼虫の生産に焦点を合わせて設立されました。比較的短期間で、当社は東南アジア最大の昆虫養殖会社となりました。 バイオサイクルは、リアウのカンパルにあります。


トレーサビリティは世界中のお客様にとって重要なものであることを認識しているため、ALISプログラムをトレースする技術を実装しています。生産したトレーサビリティタンパク質は、シングルフィードパームカーネルミールである非廃棄物を使用しています。





日本国内に流通するパートナー社を募集しています。

※日本輸入に関心がある方は「インターテック」にお問い合わせください。


■インターテック:

メール:info@inter-tec.net

電話:050-3569-4113

閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page