top of page
  • 執筆者の写真INTERTEC

イカゲーム、83カ国で1位、ネットフリックス、時価総額12兆ウォン急騰



全世界がすっかりはまった。 容易には収まらないシンドロームだ。


Netflixオリジナルシリーズ「SquidGame」が唯一1位になれなかったインドまで占領し、作品がサービスされた83カ国ですべて1位を達成することに成功した。


コンテンツストリーミングサービスランキングサイト「FlixPatrol」によると、「イカゲーム」は先月23日から2日までの10日間、「ネットフリックス今日世界トップ10TV番組」で1位を記録したという。


2日のグローバルランキングポイントは828点を獲得し、前日の成績である81カ国の1位をそのまま維持した。 先月30日、インドを除く82カ国で1位となり、ランキングポイント829点を記録した「イカゲーム」は1日、インドで1位になったが、トルコとデンマートで2位に順位を下げた。


しかし「イカゲーム」は多少難しいと思われていたインドの壁を乗り越え、結局83カ国1位の道場破りを現実化させ、すべての国で一度はトップになる唯一無二の作品となった。 ネットフリックス初の記録だ。


海外メディアは「イカゲーム」の歴代級興行に注目し、作品に対する様々な評価とともに出演俳優たち、オン·オフラインシンドローム効果、さらにはここ数年グローバルイシューの頂点に達した韓国文化とK-コンテンツなどに範囲を広げ、スポットを当てている。


「イカゲーム」の波及力でネットフリックス株価も史上最高値を更新し、新記録を更新した。 米ナスダックに上場されたネットフリックスは1日(現地時間)、613.15ドルで取引を終えた。 これまでの最高記録である606.71ドルから、先月30日に610.34ドルを記録してもさらに上昇した。


時価総額規模も同様に「大金」を手にした。 最高値を更新した先月30日基準の時価総額は2701億ドル(約321兆ウォン)と集計された。 「イカゲーム」が公開された17日の時価総額は2600億ドル(約309兆ウォン)で、公開2週間でおよそ101億ドル(約12兆ウォン)増えた。

ネットフリックスが「イカゲーム」に投資した総制作費が200億ウォン台であることを勘案すれば、コスパという表現さえ足りない。 ネットフリックスの最高経営責任者(CEO)テッド·サランドスが、「イカゲーム」の緑色トレーニングウェアを着て、公式席上で「イカゲーム」を称賛するしかない理由だ。


ブルームバーグ通信は9月、大半の株価が下落したが、ネットフリックスだけは目立った上昇曲線を描き、当分続く見通しだ。 世界中のユーザーを魅了した'イカゲーム'の大人気が「ユーザー増加傾向の初期指標になったとみられる」と分析した。


「イカゲーム」は456人が456億ウォンの賞金を獲得するために命がけのゲームに挑戦するドラマだ。 ファン·ドンヒョク監督が演出し、俳優イ·ジョンジェやパク·ヘス、ウィ·ハジュン、チョン·ホヨン、ホ·ソンテらが出演した。


https://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB12025616

閲覧数:115回0件のコメント

Comments


bottom of page