top of page
  • 執筆者の写真INTERTEC

インドネシア産、カシューナッツのご紹介

PT Comextra Majora は 1988 年に設立された輸出商品会社で、アジア最大のカシューナッツ製造業者および工場です。カシュー産業で30年以上の経験があり、製品はさまざまなサイズ、品質、グレードのカシュー カーネルから、カシュー ナッツ殻液 (CNSL)、RCN、カシュー シェル ケーキ、カシュー ハル、粉砕品などのカシューの派生製品まで多岐にわたります。加工後の製品は世界中に輸出されます。カシューナッツのサイズもジャンボ、ミディアム、スモール、壊れたサイズまでさまざまです。 PT Comextra Majora の製品は、スナック、バイオマスおよびバイオ燃料、塗料、ブレーキ キャンバス、化学工業、動物飼料として世界中で使用されています。

2018年、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領がPT Comextra Majoraの工場を訪問した後、彼は実際に人間の親指ほどの大きさのカシューナッツがあることをインドネシア市場に紹介し、インドネシアの中小企業(中小企業)を拡大すると述べました。 PT Comextra Majora は、インドネシアの小売市場に対応するために、ブランド Comextra Cashew & Kacang Mede CM を立ち上げることになりました。おやつ、料理、スパイス、製パン材料など、用途を変えてカシューナッツに特化した様々な商品が発売されました。現在、Comextra Cashew はすべてのスーパーマーケットで入手可能であり、全国に2,000社を超える再販業者および中小企業がいます。


PT Comextra Majora は、農民向けのカシュー栽培トレーニングも積極的に実施しており、PT Comextra Majora はインドネシアの重要な土地をカシューの木で埋める準備ができています。

日本国内に流通するパートナー社を募集しています。

※日本輸入に関心がある方は「インターテック」にお問い合わせください。


■インターテック:

メール:info@inter-tec.net

電話:050-3569-4113

閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page