top of page
  • 執筆者の写真INTERTEC

熱交換(AirtoAir)方式の熱回収換気装置

室内の汚染された空気を外に排出させるとともに、新鮮 な外部空気を室内に供給する双方向換気システムで冷 暖房、換気時に外部に奪われる熱エネルギーを回収し、 室内に供給する熱交換(AirtoAir)方式の熱回収換気 装置です。


日本語の製品資料は下記をご参照ください。

空気循環器_製品資料
.pdf
ダウンロード:PDF • 632KB

韓国語の製品資料は下記をご参照ください。

2022.04.11 한성에너텍 주식회사_국문 카탈로그 12p
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.48MB

  • 室内の汚染された空気を外に排出

  • PM2.5、 花粉、匂い、ホコリ、CO2など をフィルタリング

  • 新鮮な外部空気を室内に供給する双方向換気システム 熱交換(AirtoAir)方式の熱回収換気

直交流型プレートTypeの伝熱交換器構造で特殊加工紙の仕切り板で給気と 排気通路が完全に分離されて混合せず、常に新鮮な空気のみを供給し、特殊 加工紙の熱伝達及び透湿性を利用して給気と排気が換気システムを通過する 際に効率的に伝熱(温度と湿度)交換ができます。

空調は冷暖房と換気を同時に満足させる概念です。 多くの場合において冷暖房 とともに換気をすると、せっかく温めて冷やした室内空気が逃げてしまいます。伝熱 交換器はこのような2つの問題を同時に解決するために開発された製品です。




★事例

事業場、マンション、学校、官公庁など

建築基準法の改正(2003年7月1日施行)により、換気設備の設置が義務付けられ、さらに住宅全体を考えた「計画的な換気」を取り入れる必要があります。

建築基準法の改正(施行)により、今後は住宅全体を考えた、計画的な換気(24時間換気)を取り入れる必要があります。


建築基準法の改正により、これからの住宅には、シックハウス対策の1つとして、これまでの各部屋単独の換気でなく、「計画的な換気」を取り入れる必要があります。つまり家全体を効率的に24時間(常時)換気することが重要となってきます。


■換気に関する建築基準法の内容

シックハウス対策のための強制力のある規制です。クロルピリホスを添加した建材の使用禁止。ホルムアルデヒドを発散する恐れのある建材の使用制限。24時間(常時)換気が可能な換気設備の設置義務化・・・


■シックハウス症候群とは

建材などに含まれる化学物質が揮発し、室内に滞留 部屋に滞留した化学物質によって、めまい、吐き気、頭痛・眼・鼻・のどの痛み等の症状が発生する・・・ 


日本国内に流通するパートナー社を募集しています。 ※「熱回収換気装置」の日本輸入に関心がある方は「インターテック」にお問い合わせください。 ■インターテック: メール:info@inter-tec.net 電話:050-3569-4113


閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page