日本、韓国マスク市場(日本マスク生産及び輸入、韓国マスク輸出)

■日本、マスク生産の市場動向

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が世界的に広がる中、予防のためのマスクを購入する人が急増。ドラッグストアなどで売り切れが相次いでいるという。

日本では、花粉症患者が増加した2000年代前半に不織布使った使い捨てタイプの家庭用マスクが市販された。従来の洗濯が必要なガーゼタイプとは異なり、安価で手軽なことから、せきやくしゃみによる飛沫(ひまつ)で他人に迷惑を掛けないよう「マナーとして」、風邪やインフルエンザにかからないよう「予防のため」日常的にマスクを着用する人も増えている。

マスク生産量は右肩上がりに伸びており、2018年度は55億3800万枚。このうち家庭用は42億8400万枚だった。


2018年度に国内へ出荷されたマスクは55億枚。そのうちの8割が、中国などで生産されていました。しかしその中国で新型コロナウイルスの感染が広がり、工場がストップして、マスクの輸入が大幅に減少。日本のメーカーも生産を増やしていますが、注文がそれを上回る状況が続いているのです。


■韓国マスク市場動向 2020.9

コロナ19の再拡散局面で、国内マスクメーカーが米国など海外市場に相次いで進出している。 政府が輸出物量制限を緩和した上、メーカーも同様に生産施設を拡充したことによるものと見られる。 政府が今月15日から飛沫遮断用マスクなどの輸出制限も緩和し、追加輸出が行われるか注目される。

関連業界によると、国際薬品(002720)は今月11日、米MTROIZKOREAと98億ウォン規模のKF94マスクの供給契約を結んだ。 昨年、同社の売上高対比9%規模だ。


同社は今回の契約を通じて、米国政府機関や中南米、欧州、中東、アフリカにKF94マスクを供給する予定だ。 これに先立って、国際薬品は先月末、増えたマスク需要に対応するため、安山工場の生産施設を2倍増設した。


国際薬品関係者は「政府のマスク輸出制限は依然としてあるが、以前よりは緩和され、海外業者との協議過程に少し余裕ができた」とし「他の業者とも供給協議を進めている」と述べた。


政府は「マスク大乱」を考慮し、今年3月からマスクの輸出量を1日生産量の最大10%に制限した。 その後、6月中旬からは一日生産量の30%に緩和したが、7月12日からは月平均(直前2カ月)生産量の50%に拡大した。 マスクの需給状況が安定化したことを受けた措置だ。


ハングルとコンピューター(030520)の子会社であるハンコムヘルスケアも7日、米政府機関を対象にKF94マスクを月400万枚規模で輸出すると発表した。 会社の関係者は「金額で輸出規模を明らかにするのは難しい」とし「先の7~8月に米シアトル市と消防署、ワシントン医科大学などと締結した契約の本契約の件」と述べた。 同社も持続的な生産設備増大を通じて、10月から年間6億枚を供給できる生産体系を整える予定だ。


韓国マスク週間生産量

単位:万個


ただ、米食品医薬品局(FDA)の承認を受けて米国市場進出を宣言したウェルクロン(065950)ヘルスケアはまだ実績がない状態だ。 同社の関係者は「輸出や輸出契約を締結したことはない」とし「海外企業との協議は続けている」と述べた。 同社は6月初め、「ケアオンベーシックマスクKF94」を米国FDAから承認し、米国市場への進出が期待されていた。


政府のマスク政策を受け、KFマスクの輸出量が変化したため、飛沫遮断用マスクや手術用マスクの輸出が可能になった現状で、追加マスクの輸出量が発生するかどうかも注目を集めている。 政府は海外各国とのコロナ19対応の協力とK防疫製品の海外進出支援のため、今月15日から飛沫遮断用マスクと手術用マスクの輸出を月平均(直前2カ月)生産量の50%まで認めた。 手術用マスクの公的供給も廃止した。 飛沫遮断用マスクは最初から市場を通じてのみ供給されてきた。



飛沫遮断用マスクを生産するあるマスク会社の代表は「米国やヨーロッパ、アジアなどにいる海外同胞社会を中心に飛沫遮断用マスクの輸入に対する問い合わせが入ってきている」とし「(輸入)メジャー企業ではない」と述べた。


マスクの需給状況は安定している。 食品医薬品安全処によると、8月の第4週(8.24~8.30)マスク総生産量は2億7368万個と週間最大生産量を記録した。 KF保健用マスクは1億5169万個(55.4%)、飛沫遮断用マスクは1億229万個(37.4%)、手術用マスクは1970万個(7.2%)が生産された。


マスク超過需要が消えた上、マスクメーカーと品目いずれも年初対比2-3倍に増加したためだ。 保健用マスク生産業者は、1月末137社、8月25日現在396社と2.9倍に増えた。 マスク品目も同期間、10~12個から2179個へと2.2倍増加した。 飛沫遮断用マスクの場合も、生産メーカーは4社から188社に、品目も9社から328社に急増した。

6回の閲覧

050-3569-4113

〒165-0022 東京都中野区江古田3-14-13, 738

copyright © 2019 INTERTEC., Inc. 
All Rights Reserved.